Building

トピックス

乳がんの治療法

乳がんを治療には手術療法、ホルモン療法、化学療法などを組み合わせて行うのが一般的でした。最近では抗癌剤の使用を避ける為に最近では免疫療法と呼ばれる治療法が見直されています。

>>詳細情報

下肢整脈瘤の治療

下肢静脈瘤の症状が進んでしまうと、ミミズがのたうっているように血管が浮き出てしまう等の症状がでてきます。この病気の治療法は現在様々なものが存在し、その中でも高周波治療とレーザー治療が高い注目を集めています。

>>詳細情報

大腸がんの早期発見

日本人の死亡率が高い大腸がんとは

大腸がんは女性における死亡率第1位のがんであり、男性女性ともに罹患率はトップ3内に入るほど多いがんです。罹患数は年々増加しており、食の欧米化や運動不足などの生活習慣が原因だと言われています。大腸がんはステージ0〜1の早期発見では治癒が可能ながんです。一方で、大腸がんの自覚症状が出るのはステージ2〜3以降で、この段階での発見の場合、5年生存率は60〜70%となります。ステージ3のようにリンパ節へ転移してしまうと、大腸がんを切除しても再発率が高くなります。大腸がんの死亡率が高くなってしまっている理由には、このような発見の遅れがあります。大腸がんを治癒するには、自覚症状が出る前に早期発見することが必要なのです。

早期発見をするには大腸内視鏡検査が効果的

早期発見するには大腸内視鏡検査による大腸がん検診を受けることが効果的です。特に野菜が嫌いでお肉が大好き、大酒飲みで煙草も吸うなど、大腸がんのリスクが非常に高い人には、定期健診での便潜血検査以外にも大腸内視鏡検査を受けることをお勧めします。もちろん、加齢とともに大腸がんのリスクもあがるため、40歳を超えたら定期的な大腸内視鏡検査の受診がお勧めです。大腸内視鏡検査は異常がなければ1万円以内で入院の必要もなく受けられます。また、検査中にポリープなどが見つかった場合、即座に切除したり、生検を行うこともできます。クリニックなど比較的小さな病院でも消化器専門の医師がいる場合は大腸内視鏡検査を実施しているところがあるので、気軽に受けることができる検査であることを知っておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) がんについて知り、自覚症状が出る前のがんの早期発見に繋げる All Rights Reserved.