下肢整脈瘤の治療

どのような治療法があるのか

下肢静脈瘤の症状が進むと、ミミズがのたうっているかのように血管が浮き出てしまったり、醜い瘤ができてしまったりするようになります。なぜそのようになってしまうのかというと、足の静脈内にある逆流防止弁が機能不全に陥ってしまうためです。一度ダメになってしまった逆流防止弁を治療で元の状態に戻すことは残念ながらできません。したがって、下肢静脈瘤の治療は、機能不全状態に陥っている血管や瘤を除去することが中心になります。昔からよく行われてきたのは、高位結紮術やストリッピング手術です。昔に比べると術式が進歩していますので、手術の安全性は格段に高くなっていますが、体にかかる負担はそれなりに大きなものになります。そのため、最近では、高周波やレーザーを用いる治療が採用されるケースが増えてきています。

レーザー治療や高周波治療が行われるケースが増えると考えられています

従来の下肢静脈瘤の治療は、硬化療法や高位結紮術、ストリッピング手術などが組み合わされて行われるのが一般的になっていました。しかし、医療技術の進歩により、下肢静脈瘤を治療する新しい方法が次々に登場してくるようになりました。様々な専門機関が多種多様な治療方法を開発していますが、その中で特に高い注目を集めているのは高周波治療とレーザー治療です。まだ、新しい治療方法であるため、どこの医療機関でも治療を受けられるというわけではありませんが、患者の体にかかる負担が少ないだけでなく、従来からある治療方法を上回る高い改善効果を期待することができます。そのため、今後は高周波治療やレーザー治療を導入する医療機関が確実に増えていくだろうと予想されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) がんについて知り、自覚症状が出る前のがんの早期発見に繋げる All Rights Reserved.