女性に多い乳がん

乳がんという病気について

女性が発症するがんの中で一番多いものが乳がんとなります。どのがんでも言えることですが、早期発見早期治療すれば乳がんは治すことができる病気なのです。乳がんについて正しく知ることは病気についてむやみに怖がらないためにも大切なことなのです。乳がんになりやすい人は、母や祖母が乳がんであれば遺伝的なものでなりやすいといえます。また、初潮年齢が早い人や出産経験のない人、また閉経年齢が遅かった人などがなりやすい人といえます。つまり、生理が早く閉経も遅い人というのは注意が必要となります。欧米に多かったのですが、最近では日本人もこの病気が多くなってきました。乳がんのために亡くなる人も多くなっているのです。それは、日本人の食生活の変化などが影響しているといわれます。

早期発見早期治療のために

乳がんは早期発見早期治療が大切なのです。欧米に多かったのですが、最近ではこの病気で亡くなる人が減少しつつあるのです。検診の受診が徹底されてきたことから早期発見のうちに治療をすることができるようになったからです。反対に、日本では乳がんのために亡くなる人が増えています。生理が終わってから数日後に、乳房をセルフチェックしてしこりがないかなどを調べるようにすることで自分で発見することができます。乳がんは自分に関係ないと考えないことです。しこりがあるかもしれないと気をつけるに越したことはないのです。特に、閉経後に肥満にならないようにすることです。女性は、閉経後にどうしても太りやすくなってしまいます。自分の乳房に関心を持ち定期的なセルフチェックと検診を受けることが大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) がんについて知り、自覚症状が出る前のがんの早期発見に繋げる All Rights Reserved.