乳がんの治療法

乳がん戦う前に色々な選択肢を勉強しておくべきです

年間4万人から6万人がかかるといわれているのが乳がんです。女性の癌の内三番目に多いのがこの癌です。そしてその数は年々増加していて20代や30代にも患者数は増えていて50代がピークになっています。ですが初期段階の治療が可能であれば乳がんを克服し社会に復帰している方が大勢います。治療方法も年々進歩をしていて日常生活に困らないような癌との付き合い方が変化をしてきているのです。一般的に乳がんの治療には手術療法、ホルモン療法、化学療法(抗がん剤治療)を組み合わせて行うのが一般的でしたが、乳がん最新治療方法では免疫療法(がん樹状細胞療法)や新抗がん剤治療薬を組み合わせた形の併用療法が行われるようになってきています。

乳房を失ってしまう髪の毛が抜ける心配だから免疫療法が注目されています。

乳がんの治療は先ず手術、そして再発を防ぐために抗癌剤をしようすることが一般的です。抗がん剤の使用を避けてと通ることはできず、副作用である髪の毛が抜けるなど女性には日常生活ができない心配がつきまといます。手術では早期の場合に限り乳房温存も可能ですが抗がん剤は利用することになります。そこで免疫療法が見直されています。そもそも人間は毎日数千個のがん細胞が発生し、自己免疫力で撃退しています。癌でない人は居ないといっても間違っていないのです。たまたま免疫力が弱っていたために乳がんという大きな塊となって見つかったもので、免疫力を元に戻すことによって自己治癒に向かわせる療法なのです。副作用の心配は当然ながらありませんし、治癒した症例も増えてきているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Design by Megapx  Template by s-hoshino.com
Copyright (C) がんについて知り、自覚症状が出る前のがんの早期発見に繋げる All Rights Reserved.